鋼製建具製造

事業概要

スチールドア

 

アイデアをカタチにする板金加工技術

お客様の様々なご要件を形にしながら、現在まで多くの重量鋼製建具(スチールドア )を生産してまいりました。その中には、特殊な形状のものも数多くあり、そのオーダーを一つ一つクリアしながら、鋼製建具の製造技術を積み上げて参りました。

近年は改修工事も増加し、今後はより個性的な建具のニーズが増えてきます。今まで積み重ねた技術力を活かし、これからもお客様のニーズに応えて参ります。

会社の特徴

特徴その1;デザイン・意匠の実現性

曲線など様々な形状に対応
当社は1963年の創業以来、制作難度が高いセグメントの重量鋼製建具に強みを持ち、モノづくりを行ってまいりました。例えば、デザイン性の高い意匠ドアや意匠パネル、立体加工、多角形上のガラリなど多岐にわたります。

これを可能にしているのが、多品種少量生産に特化した生産ラインと組織つくり、そして長年蓄積されたノウハウとデータです。これらを有機的に活用することで、様々な形状の建具を形にしてまいります。この技術力は、これからも日々積み重ね成長してまいります。

 

特徴その2;大型建具に対応

高い溶接技術を活用し組み上げる
大型の鋼製建具を製造する場合、各部材を正確に溶接し組み上げる必要があります。それには、溶接による金属の反りを計算し微調整を行いながら、溶接していくことが求められます。
当社は、大型テーマパーク、工場、公共施設で使用される大型防火扉やオートドアを数多く生産する中で、この技術を積み上げてまいりました。現在も、この技術を積み重ね、日々成長を続けております。

 

特徴その3;強固な生産継続性

各技術分野のプロと強固に連携
それぞれの分野で卓越した技術を有しているプロフェッショナルな技術者と強力なコミュニティーを形成することで、高度な技術力と柔軟な生産量を実現しております。また,各フローにパートナーを配置することで,安定生産に寄与しております。

コミュニティーは、現在約25社(総勢60名)の規模となっております。我々のコミュニティーは、技術者の成長とともに、ますます強力な生産組織へと成長してまいります。

 

お取引実績

株式会社LIXIL、株式会社LIXILリニューアル、三和シヤッター工業株式会社、株式会社鈴木シャッター、東洋シャッター株式会社、戸田建設株式会社、不二サッシ株式会社、不二サッシリニューアル株式会社、株式会社フジタ、文化シャッター株式会社、三井住友建設株式会社、株式会社ユニフロー、など(ABC順)
 

生産設備一覧

装置種別 メーカー 台数
シャーリング(3,000mm) アマダ 1台
シャーリング(1,200mm) MEIWA 1台
タレットパンチ アマダ 1台
ベンディングマシン(3,000mm) アマダ 1台
ベンディングマシン(2,500mm) 関西鉄鋼 1台
ベンディングマシン(1,200mm) アマダ 1台
コーナーシャー アマダ 1台
丸型切断機 日立工機 2台
3号ギヤ掛けプレス機 吉原製作所 3台
小型プレス機 FUJIKIKO 2台
アルゴン溶接機 4台
バラ図作成システム 国立製作所 1台

 

工場紹介

三豊金属工業の紹介
三豊金属工業の紹介2